このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ホーム > 施工方法 > 各種下地への施工 > リフォーム・ビニールクロス

ここから本文です

施工方法


リフォーム・ビニールクロス

下地に関する注意事項
  • 薄手のビニールクロスで、プラスターボードが合板に貼っているものに限り、クロスの上から施工可能です。
  • 天井面は汚れが付着しやすい場所で、施工後に剥離したり、シミが出たりしやすいですので、クロスは剥がして施工してください。
  • 施工する面について、以下の点を最初に確認してください。
    −クロスが部分的に接着していない箇所は、しっかりと貼り直してください。
    −カビが生えている所は、消毒用エタノールで確実に殺菌してください。

※施工の前には、必ず「施工マニュアル」にて詳しい手順をご確認ください。

【粉末タイプ】

  1. 水で薄めた中性洗剤を含ませた雑巾で、施工面の汚れや油分をきれいに拭き取ります。
  2. クロスの端と継ぎ目にファイバーテープを貼ります。
  3. クロスの剥がれ防止のため、約10cm間隔でタッカー留めします。
  4. 壁材の密着力強化のため、水性シーラーを塗布します。
  5. 乾燥後、下塗材〈NGU〉を1mm厚で塗ります。
  6. 乾燥後、仕上材を塗ります。

【ペーストタイプ】

  1. 水で薄めた中性洗剤を含ませた雑巾で、施工面の汚れや油分をきれいに拭き取ります。
  2. クロスの端と継ぎ目にファイバーテープを貼ります。
  3. クロスの剥がれ防止のため、約10cm間隔でタッカー留めします。
  4. 壁材の密着力強化のため、水性シーラーを塗布します。
  5. 乾燥後、仕上材を塗ります。



おすすめリンク
製品ラインナップ 自分で塗りたい カタログ・サンプル請求(個人の方) カタログ・サンプル請求(業者の方) エコ・クィーンのご注文