このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ホーム > 施工方法 > 各種下地への施工 > リフォーム・厚手(発泡)のビニールクロス

ここから本文です

施工方法


リフォーム・厚手(発泡)のビニールクロス

下地に関する注意事項
  • 厚手(発泡)のビニールクロスの場合、気温の変動に伴う伸縮が大きく、仕上げ面に小ヒビが入る恐れがあるため、クロスは剥がして施工してください。
  • クロスを剥がした場合の下地(プラスターボードや合板)は、しっかりとビス留めされていないことが多く、下地が動きやすいため、クラックが入る恐れがあります。
  • 下地がくぎ留め・タッカー留めされている場合は、ビスを打ち足して補強してください。
  • ビスやくぎが錆びている場合、仕上げ面にシミとなって浮き出ますのでサビを除去してください。
  • カビが生えている所は、消毒用エタノールで確実に殺菌してください。

※施工の前には、必ず「施工マニュアル」にて詳しい手順をご確認ください。

【粉末タイプ・ペーストタイプ共通】

  1. 表面のクロスをすべて剥がします。
    クロスの下紙もきれいに剥がします。
  2. ボードの継ぎ目(ジョイント部・出隅・入隅)および開口部(窓・ドア)の角にファイバーテープを貼ります。
  3. 壁材の密着力強化のため、水性シーラーを塗布します。
  4. 乾燥後、下塗材〈NGU〉を1mm厚で塗ります。
  5. 乾燥後、アクが出ている場合は、再度下塗りをしてアクを止めます。
  6. 乾燥後、仕上材を塗ります。



おすすめリンク
製品ラインナップ 自分で塗りたい カタログ・サンプル請求(個人の方) カタログ・サンプル請求(業者の方) エコ・クィーンのご注文