このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ホーム > 自分で塗りたい > DIYレポート紹介 > Y.R.さん(取材レポート)

ここから本文です

自分で塗りたい


約1カ月で新築のお家の天井・壁すべてをDIY施工!

新築で二世帯住宅を建てられた吉田様ご夫妻。
家中の天井と壁をすべて、エコ・クィーンでDIY施工されました。

施工内容:新築
下地:プラスターボード
使用品番:<ペーストタイプ>PS-2
施工面積:310m2
設計:プランボックス 一級建築事務所


ご自分たちでエコ・クィーンを施工されたお家に、実際にお住まいになっていかがですか?

▲吉田様ご夫妻
3人兄妹の一番下のお子様と一緒に
(足場の必要な階段部分は、苦労した施工箇所の一つ)

冬の間はいつも朝は乾燥で喉が痛くなっていたのに、住んでからは喉が痛くなることもなかったし、肌も乾燥しなくなりました。
それなのに洗濯物を室内に干してもよく乾くし、室内干しのいやな臭いもせず、快適に過ごしています。
引っ越してすぐの頃は嬉しくて、「いい家だね」といつも言っていました。
今でもつい壁や天井を眺めてしまうんですが、「あそこはもうちょっとこうすればよかったなぁ」「あの時はこうだったなぁ」などと、施工時のことを思い出しますね。

約1か月という限られた期間ですべてを塗らなくてはならなかったそうですが、施工中苦労したことはどんなことでしたか?

施工を始めたころは、「終わらないのでは」という不安感でいっぱいでした。でも、だんだん塗り慣れてくると、このぐらいの量ならどこまで塗れるとか、どのくらいの時間がかかるとか、見当をつけられるようになってきて、先が見えるようになってきました。

それに、塗り始めたのはトイレや凹凸の多い狭い壁からだったのですが、とても大変で。そこが一番難しい場所だというのは、後になって知りました。

最初は粉末タイプを施工する予定だったんですが、材料を練る作業がとにかく大変で・・・。塗ってみて1日でギブアップしてしまいました。でも、日本ケイソウ土建材に相談するとペーストタイプを勧められて、それに変更したおかげで、全部自分たちだけで塗り終えることが出来ました。きっと、そのまま粉末タイプを施工していたら、最後まで仕上げることが出来なかったかもしれません。
失敗したのは、プラスターボードのジョイント部にパテ処理をしてしまったことですね。壁材を塗ると、その部分だけ色が違って見えてしまって。結局直すことが出来ず、ムラが出たままです。

▲ダイニングキッチン
出隅入隅が多く、角の仕上げに苦労。

出隅入隅が多い造りで、角の仕上げには大分苦労しました。最初に塗った部屋はかなりデコボコになってしまってます・・・。マニュアルを読んでもなかなか上手に出来なかったんですが、プロの左官やさんにコツを教えてもらって、ようやく上手に出来るようになりました。

全体的に色ムラが出てしまった壁や、アクが出てしまったところもありました。でも、上から塗りなおして、最終的にはきれいに仕上げることが出来ました。


今回の新築にあたり、ご自分で壁を施工しようと思われたきっかけは何ですか?
壁塗りの他にもキッチンや収納家具を造るなど、多くのことをご自分でされたそうですが、以前からDIYがお好きだったのですか?

▲階段入口
アールをつけて丸く仕上げた角がお気に入り。

〈ご主人〉
以前から、棚を造ったり何か造作したりというのはよくやっていました。何かを壊してまたそれを組み立てるというのが好きで。でも、ほとんどは壊しっぱなしだったりもしますが…
今回家を建てる際も、とにかくできるだけコストを低く抑えたいと思っていたんです。お願いした設計事務所のお客さんにも、同じように壁塗りといろんな造作を自身でした方がいて、その方のお宅を見学に行ったらこれなら自分もできるかなと思い、挑戦することにしたのです。

〈奥様〉
私の方は、特にDIYに興味はなかったんです。壁塗りも、ほとんどは主人が塗ればいいかなぁと思っていましたし。
でも、いざ塗り始めてみると私の方がハマってしまって、結局私の方が多く塗っていました。遊びに来る友人たちにも、「全部自分たちで塗ったんだよ」と自慢してしまいます。


DIYで壁塗り(家づくり)をすることの楽しさはどんなところですか?

〈ご主人〉
▲キッチンの壁面に付けた棚板
固定金具をプラスターボードに埋め込んで固定。その上から壁材を塗り、金具が見えないように工夫。
細かい部分の細工も、自分の思ったように作っていけるところです。

〈奥様〉
自分たちで仕上げた家は、すごく愛着を感じます。
壁を塗るのは無心になってできるし、もうすごく楽しくて!
専業主婦をしていると毎日家事と育児ばかりで、達成感を感じるということは普段あまりないんです。でも、壁塗りは一つ一つの工程をやり遂げていくので、毎日「やった!」という充実感でいっぱいでした。へとへとにはなりましたが…。主婦の方には本当にお勧めします!
塗っている期間中は、明日はどこを塗ろう、どうやって仕上げようなど、いつも壁塗りのことで頭がいっぱいで、作業しに行くのを毎日心待ちにしていました。
友人たちにも壁塗りを勧めているので、その時には私が師匠になって教えるつもりです!


大変なことはたくさんあったようですが、それ以上にとても楽しみながらイキイキと家づくりをされていた様子が、お二人のお話ぶりから伝わってきました。
エコ・クィーンを塗って本当に良かったとも言っていただき、とても嬉しく思います。
吉田様、お忙しいところお話を聞かせていただきありがとうございました。


おすすめリンク
製品ラインナップ 自分で塗りたい カタログ・サンプル請求(個人の方) エコ・クィーンのご注文